風邪を治す薬がないのは本当かを知る

ドラッグストアに行けば風邪薬が売られています。
医療機関に行けば風邪の処方薬をもらえます。
ですから風邪を引いたら薬を飲めば治るイメージがあります。
実は、これらの薬は風邪のウイルスそのものを撃退するための薬ではありません。
市販薬だと、鼻水やのどの炎症などを抑える役割のもので、病院などではビタミンや抗生物質などの投与になります。
これはインフルエンザにも言えることで、直接ウイルスを撃退する薬はないとされています。
インフルエンザに関しては、初期に投与すると増殖を抑える薬まではできていますが、撃退するまではいかないようです。
なぜかといえば、非常にウイルスの種類が多く、特定したり、そのための薬を投与する意味がないからとされています。
人にはそれぞれ免疫力があり、一定の風邪ウイルスは免疫力で撃退できます。
ウイルスの種類を調べてこれから治そうとしたときにはすでに治っていることが多いので、あえて薬は作られていないようです。
そのことを知って薬を使うようにしましょう。

Pharnes-Ⅲ-MXで薬局業務を高速化

整復師の専門学校として最安値の学校
学生の皆様の学びたい気持ちを叶えます

有機性廃棄物の処理なら弊社におまかせ!

人材を探している病院関係の皆様
バイオスの求人サイトをご活用ください

最新記事