スマホの見過ぎで目薬が手放せなくなったら

スマホが広く普及したことにより、通勤や通学中をはじめ、仕事や休憩中でもスマホをチェックするのは日常的な光景になりました。
そんなご時世を反映するかのように、ドラッグストアなどでは目薬も人気になっています。
ですがもしも目に異常を感じている時は、眼科で診てもらうのが大切です。
スマホを凝視している時は、無意識の内にまばたきの回数が減るため、目が乾くドライアイになりやすい状態です。
さらにスマホの液晶画面からは、瞳に悪影響を及ぼすブルーライトも出ていますから、その点にも配慮しなければなりません。
眼科なら医療機関しか処方できない点眼薬を出してもらえるため、一般の市販薬よりも優れた効果を期待できるのがメリットです。
何より、適切に診断してくれますので、万一病気が隠れていた場合でも、早期治療に取り組めるといった利点があります。
スマホを見過ぎて目が疲れた時のアドバイスなども尋ねられますから、必要に応じて眼科で診てもらいましょう。