再生医療ではどんなことが期待されるか

長く生きていると病気になることがあります。
病気も治療によって治ることもありますが治らなかったり何度も発生してしまうこともあります。
場合によっては臓器移植と呼ばれる方法をとることがあります。
病気で使えなくなった臓器を取り出し、健康な臓器を持つ人から譲ってもらう方法です。
交通トラブルなどで脳死状態の人の臓器などを使います。
臓器を移植すればそのまま使えそうですが、体は非常に賢くて外部から入ってきたものは異物と判断します。
いくら形や機能が同じでも、自分の体のものでないと判断すると攻撃をします。
これが拒絶反応と呼ばれ、せっかく移植をしてもうまくいかない場合があります。
この時に行うとよい治療方法として再生医療があります。
自分の体の細胞を培養し、臓器の一部や臓器をのものを作り出してそれを移植する方法です。
自分の体からできているので、拒絶反応をすることなく体の中で働いてくれます。
血管や皮膚などから、臓器などでも行えるようになっています。